漢方薬の飲み方のコツは温めること。生薬の効果が倍増します。

漢方薬の飲み方

漢方薬の飲み方 【漢方薬百科】

漢方薬の飲み方のコツは温めること。生薬の効果が倍増します。また服用方法は食前や食間のほうが胃腸への負担が少なく成分吸収も早いと言われています。

漢方薬を食前や食間に飲むのはどうして?

漢方薬の飲み方は、いろいろな種類の生薬が配合されている漢方薬を効果的に使うなら、生薬に含まれた成分の吸収効率が落ちないよう、満腹状態は避けたほうがよいとされています。
ですのでほとんどの漢方薬は、胃腸への負担が比較的少ないように食前、食間など、空腹時に服用が推奨されています。

また、標準的な体格の成人を基準にした場合、通常1日に2~3回に分けて服用します。
服用方法としては、漢方薬は温めて飲むのが原則です。一般的な病院で処方されるエキス製剤は、白湯に溶かしてから服用するのが効果的といわれています。吐き気がある時や苦みが気になる場合、冷やした方がいいときには水で服用することもあります。

ほかの薬もそうですが、漢方薬は指示されたとおりにのみ続けることが大切です。漢方薬をのみ続けていて、気になる症状、好ましくない作用などが出てきた場合は、遠慮なく速やかに、必ず医師や薬剤師に相談しましょう。

カスタム検索

↑ PAGE TOP