漢方薬が食前に飲まれることが多いのはこのような理由からです。

食前とは?

食前とは? 【漢方薬百科】

食前とは食事の前で、西洋薬とは違い胃の粘膜から生薬が吸収されやすいように、漢方薬が食前に飲まれることが多いのはこのような理由からです。

漢方薬の効き目をできるだけ引き出すため

食前とは?食事の30分ほど前、食間は食後2~3時間後を指します。
漢方薬を飲むときには、水か白湯(さゆ)で飲むのがベストです。お茶やジュース、牛乳などは薬の吸収力を妨げてしまう可能性があるので注意しましょう。お酒などはもってのほかです。

また、漢方薬はお湯に溶かして飲んでもよいのが特徴です。生薬に含まれる成分が粘膜に直接作用したり、吸収されやすくなるということもあるので、なるべく温めて飲みましょう。

もし飲み忘れてしまったら、食後に飲んで最上部です。次の機会にまとめて飲んだりするより、医師の指示通りに飲むことが大切。
また食前や食間に飲むと胃がムカムカする、など気になる症状が出たら、服用を中止してすぐに医師に相談しましょう。

カスタム検索

↑ PAGE TOP