TOP > 漢方薬の基礎知識> > 漢方薬の効果

漢方薬の効果

漢方薬の効果は西洋薬と違い自然治癒力を高める効果があります。生薬の組み合わせでさまざまな不調に作用する効果が期待できるというメリットがあります。

どのくらいの期間飲むと効果が出るの?

漢方薬の効果

西洋薬は病気に的を絞った薬で、漢方薬は自然治癒力を高める効果のある薬です。
西洋薬はひとつの病気、ひとつの症状に的を絞った薬といえます。そのため誰でも同じような効用が期待できるように処方されています。比較的早く効くというのも、西洋薬の特徴の1つといえます。

一方、漢方薬はターゲットを絞った薬ではないので、西洋薬ほどの劇的な作用は少ないと言われています。ただし何種類もの生薬からできているぶん、ひとつの漢方薬の構成成分(生薬の種類)は西洋薬よりもはるかに多いのです。そのため「組み合わせの妙」で、全身の自然治癒力を高めて、ひとつの処方でさまざまな不調に効果を発揮してくれるといううれしいメリットがあるのです。

たとえば、女性の月経不順の改善のために漢方を飲み始めたら、本来の目的ではなかった冷えや便秘までよくなったという話もよく聞きます。西洋薬が的をピンポイントで絞った薬なら、漢方薬は体全体に作用する薬といえます。
漢方薬は西洋薬にはない全身的効果が期待できるのです。