TOP > 症状から選ぶ > 黄耆建中湯の効果・効能

黄耆建中湯の効果・効能

黄耆建中湯の効果・効能−黄耆建中湯(おうぎけんちゅうとう)の漢方薬で効果のある症状について。黄耆建中湯の飲み方や飲み合わせ、副作用、漢方薬局の通販で購入する際の注意点など。

黄耆建中湯

黄耆建中湯(おうぎけんちゅうとう)という漢方薬は、虚弱体質・病後の衰弱などで疲労しやすく、寝汗あるときに飲む漢方薬です。

体が弱く疲れやすい人、ことに寝汗の多い虚弱な子供に向いています。
黄耆建中湯の“中”は体の中心部である“胃腸”をあらわし、胃腸を健康にするという意味が含まれます。

黄耆建中湯の効果・効能

黄耆建中湯の適応症、効能は、主に以下のような症状に有効です。
(病名をクリックすると詳細がご覧いただけます。)

ニキビ高血圧アトピー性皮膚炎頭痛子宮筋腫肩こりめまい咳止め喘息アレルギー性鼻炎など

漢方薬にも多少の副作用があります。また、子供や妊娠中女性、体力の落ちた方の服用については漢方薬局とよく相談して最適な漢方薬を処方してもらいましょう。

漢方薬の飲み方、飲み合わせや副作用について

黄耆建中湯の効果・効能【漢方薬百科イメージ2】

黄耆建中湯の効果・効能、どの漢方薬を選べばよいのか?現在飲んでいる薬との飲み合わせや副作用の心配など、新たに漢方薬を購入するのには、疑問がたくさんあります。

たとえば、西洋薬の副作用を押さえる目的で、病院で漢方を処方するケースもあります。また、高血圧などの治療による漢方薬の併用にはタブーなものもあるなど、逆に併用して相乗効果がある場合とあります。必ず担当医や漢方薬局に説明を受けましょう。

無料相談ができるネットの漢方薬局   漢方の葵堂薬局