TOP > 症状から選ぶ > 桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)の効果・効能

桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)の効果・効能

桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)の効果・効能−桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)の漢方薬で効果のある症状について。桂枝加竜骨牡蛎湯の飲み方や飲み合わせ、副作用、漢方薬局の通販で購入する際の注意点など。

桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)

体質の虚弱な体力が中等度以下の人で、疲れやすく興奮しやすいといった症状や、物事に対して長続きしない、頭痛、のぼせ、精力滅退、神経過敏といった「神経質」、「不眠症」に用います。児童の夜尿症や夜泣きなどにも応用されます。
また、うつ病、ストレス、物忘れ認知症などの脳や精神の病気の治療法や効果効能のあるといわれます。

桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)の効果・効能

桂枝加竜骨牡蛎湯の適応症、効能は、主に以下のような症状に有効です。
(病名をクリックすると詳細がご覧いただけます。)

更年期障害冷え性頭痛うつ病不眠めまい自律神経失調症自閉症など

漢方薬にも多少の副作用があります。また、子供や妊娠中女性、体力の落ちた方の服用については漢方薬局とよく相談して最適な漢方薬を処方してもらいましょう。

漢方薬の飲み方、飲み合わせや副作用について

桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)の効果・効能【漢方薬百科イメージ2】

桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)の効果・効能、どの漢方薬を選べばよいのか?現在飲んでいる薬との飲み合わせや副作用の心配など、新たに漢方薬を購入するのには、疑問がたくさんあります。

たとえば、西洋薬の副作用を押さえる目的で、病院で漢方を処方するケースもあります。また、高血圧などの治療による漢方薬の併用にはタブーなものもあるなど、逆に併用して相乗効果がある場合とあります。必ず担当医や漢方薬局に説明を受けましょう。

無料相談ができるネットの漢方薬局   漢方の葵堂薬局