TOP > 漢方薬豆知識 > 漢方薬の種類

漢方薬の種類

薬局ではたくさんの種類の漢方薬が市販されるようになり、困っている症状に合わせて、自分で選んで簡単に買うことができるようになりました。また、漢方薬局で処方される漢方薬は生薬の組み合わせから多くの種類の漢方薬が存在します。

生薬の組み合わせから多くの種類の漢方薬が存在します

漢方薬の種類

漢方薬の種類

市販の漢方薬も医療機関で処方されている漢方薬も、葛根湯(かっこんとう)などといった名前(処方名)が同じなら、成分の構成は同じです。
ただし生薬それぞれの量は、一部を除き、市販品のほうが医療用よりも少なめになっているのはご存知ですか?
薬局で漢方薬を買う人の性別や年齢、体力はバラバラなので、どんな人が飲んでも大丈夫なように、弱めにしているのです。

最大の違いは、市販の薬は自己判断なのに対し、医療機関では医師に診察をしてもらったうえで自分の体質に合った漢方薬を選んでもらえろということ。

カゼをひいた場合、全員に葛根湯が効くわけではなく、麻黄湯(まおうとう)などが向いている人もいます。医師にピタリと合ったものを処方してもらえばよく効くことはもちろんですし、速く効きます。さらに健康保険も利くといういいことづくめです。

「医療用漢方製剤はすぐに買えないから面倒」と思うかもしれないが、実はいいところが多いのです。