TOP > 漢方薬豆知識 > 漢方医学の 「虚・実」とは?

漢方医学の 「虚・実」とは?

漢方医学では「虚・実」などの情報を参考にした証をもとに処方される漢方薬も決まるのです。

管理的なオーダーメイド医療

漢方医学の 「虚・実」とは?

漢方医学の 「虚・実」とは?

漢方医学のでの「証」を見極めるためのモノサシは、「気・血・水」以外にもいくつかあって、「実証」「虚証」というものも、わかりやすい分け方のひとつです。

実証は、ガッチリしていて体力もある、いかにも丈夫そうな人のこと。一方、顔色が青白く弱々しいというタイプは、典型的な虚証。その中間の人は「中間証」というように、体質の分類に使われているのです。

漢方では「気・血・水」や「虚・実」などの情報を参考に「証」が決定されて、証をもとに処方される漢方薬も決まります。
病名をもとに治療法や処方される薬が決まる西洋医学と違って、患者の個人差を重視した管理的なオーダーメイド医療といえるでしょう。

そのため、同じ病名でも、処方される漢方薬が違うということも少なくありません。
たとえば葛根湯は、カゼに効果がある漢方薬として有名ですが、「カゼなら何でもかんでも葛根湯」というわけでなく、葛根湯以外の漢方薬にしたほうが向いている場合もあるのです。また、同じ人でもその時の体調や状態などによって、証や処方される漢方薬は変わることも多いのです。