TOP > 漢方薬豆知識 > 漢方薬と保険

漢方薬と保険

漢方薬と保険の関係は、現在では健康保険が適用されるエキス製剤を病院で処方できるようになった。保険適用対象外の自由診療などで処方される煎じ薬などは長期にわたり服用することもあるので金額に注意したい。

医療用漢方製剤には健康保険が適用されます

漢方薬と保険

漢方薬と保険

1976年には漢方にも健康保険が適用されるようになり、一般の病院の診療にも浸透した現在では、約9割の医師が漢方薬を処方した経験があるというデータがあります。

漢方薬は長期間飲み続けるケースもあるので、「高いと困る」と思っている人がいるのではないでしょうか。
しかし、漢方薬は健康保険が適用されるので、大半の人は3割負担でOK。ただし保険の対象は148種類で、すべての漢方薬に保険が使えるわけではないのです。とはいうものの、多くの医師が処方している漢方薬のエキス製剤のほとんどは、適用対象に入っているため、保険が使えると思っていて大丈夫です。

初回は2週間分を渡されることが多いので、1か月分ならその倍程度。処方される薬の種類によって金額は微妙に違うし、複数の漢方薬を処方される場合もあるので一概にはいえないですが、保険が利くぶん診察代と薬代を合わせてもそれほど大きな負担にはならないはず。
ただし自由診療の医療機関も一部あるので、受診前に必ず確認をしておきましょう。なおエキス製剤だけでなく、煎じ薬にも保険が使えるものはありますが、煎じ薬を処方している医療機関は特に自由診療である場合が多いので確認をしましょう。