TOP > 症状から選ぶ > 自律神経失調症に効く漢方薬

自律神経失調症に効く漢方薬

自律神経失調症に効く漢方薬−自律神経失調症の症状に効果のある漢方薬の一覧。自律神経失調症に効く漢方薬の飲み方や飲み合わせ、副作用、漢方薬局の通販で購入する際の注意点など。

自律神経失調症の概要や症状

自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経の2つから成り立つ自律神経のバランスが崩れた場合に起こる症状です。
めまい、動悸、耳鳴り、しびれ、大量の汗をかいたり、さまざまな痛み、口やのどの不快感、慢性的な疲労、だるさ、頻尿、残尿感、ほてり、不眠、便秘、下痢、微熱などあらゆる体の不調が現れます。

自律神経失調症に効く漢方薬

自律神経失調症の原因を改善する漢方薬は、主に以下のようなものが有効です。
(漢方薬名をクリックするとその漢方薬の詳細がご覧いただけます。)

茵ちん蒿湯黄連解毒湯加味帰脾湯加味逍遥散桂枝加竜骨牡蛎湯桂枝茯苓丸香蘇散甘麦大棗湯柴胡加竜骨牡蛎湯柴胡桂枝湯柴胡桂枝乾姜湯折衝飲三物黄ごん湯釣藤散通導散桃核承気湯当帰芍薬散女神散抑肝散苓桂朮甘湯

これらは、自律神経失調症の治療、改善によく処方される漢方薬です。
漢方薬は、オーダーメイドの薬と言われるように、年齢、性別、体質や既往症などによって効果がある薬が違ってきます。
漢方薬局へ問診票を送り、ご自分にあった漢方薬を処方してもらいましょう。

漢方薬の飲み方、飲み合わせや副作用について

自律神経失調症に効く漢方薬【漢方薬百科イメージ2】

自律神経失調症に効く漢方薬とは、どの漢方薬を選べばよいのか?現在飲んでいる薬との飲み合わせや副作用の心配など、新たに漢方薬を購入するのには、疑問がたくさんあります。

たとえば、西洋薬の副作用を押さえる目的で、病院で漢方を処方するケースもあります。また、高血圧などの治療による漢方薬の併用にはタブーなものもあるなど、逆に併用して相乗効果がある場合とあります。必ず担当医や漢方薬局に説明を受けましょう。

無料相談ができるネットの漢方薬局   漢方の葵堂薬局