TOP > 症状から選ぶ > 潰瘍性大腸炎に効く漢方薬

潰瘍性大腸炎に効く漢方薬

潰瘍性大腸炎に効く漢方薬−潰瘍性大腸炎の症状に効果のある漢方薬の一覧。潰瘍性大腸炎に効く漢方薬の飲み方や飲み合わせ、副作用、漢方薬局の通販で購入する際の注意点など。

潰瘍性大腸炎の概要や症状

潰瘍性大腸炎とは、主に何らかの原因により、大腸の粘膜に炎症が起こり、びらん(ただれ)や潰瘍ができる原因不明の非特異性炎症性疾患です。 炎症は通常、肛門に近い直腸から始まり、その後、その奥の結腸に向かって炎症が拡がっていくと考えられています。
厚生労働省より特定疾患に指定されています。

潰瘍性大腸炎に効く漢方薬

潰瘍性大腸炎の原因を改善する漢方薬は、主に以下のようなものが有効です。
(漢方薬名をクリックするとその漢方薬の詳細がご覧いただけます。)

五苓散柴苓湯十全大補湯真武湯参苓白朮散四君子湯当帰芍薬散大建中湯人参湯補中益気湯六君子湯

これらは、潰瘍性大腸炎の治療、改善によく処方される漢方薬です。
漢方薬は、オーダーメイドの薬と言われるように、年齢、性別、体質や既往症などによって効果がある薬が違ってきます。
漢方薬局へ問診票を送り、ご自分にあった漢方薬を処方してもらいましょう。

漢方薬の飲み方、飲み合わせや副作用について

潰瘍性大腸炎に効く漢方薬【漢方薬百科イメージ2】

潰瘍性大腸炎に効く漢方薬とは、どの漢方薬を選べばよいのか?現在飲んでいる薬との飲み合わせや副作用の心配など、新たに漢方薬を購入するのには、疑問がたくさんあります。

たとえば、西洋薬の副作用を押さえる目的で、病院で漢方を処方するケースもあります。また、高血圧などの治療による漢方薬の併用にはタブーなものもあるなど、逆に併用して相乗効果がある場合とあります。必ず担当医や漢方薬局に説明を受けましょう。

無料相談ができるネットの漢方薬局   漢方の葵堂薬局